ディケンズの長編小説の登場人物紹介     

ディケンズは、15の長編小説(ただし『エドウィン・ドルードの謎』は未完)を残していますが、それぞれ個性的な人物が登場し、印象に残る場面を提供してくれます。ディケンズの小説の真髄は、登場人物を丁寧に描くことだと思っています。その登場人物をひとりひとりを紹介していこうと思っています。 どこまでできるかわかりませんが、毎回テーマを決めて、各長編小説の該当者を取り上げていきたいと思っています。

1.主人公編

2.ユーモア人物編

3.愛らしい女性編

4.悪役編

5.際立つ人物編

6.主人公の支援者編





このページを作成するにあたり、ディケンズ・フェロウシップ日本支部 梗概 と 『ディケンズ鑑賞大辞典』ディケンズ作品登場人物を参考にさせていただきました。